ブログ

HOME > ブログ

テキーラの原料植物

今日英会話のレッスンで

はじめてテキーラの原料植物を知りました。

 

そして

ジンにラベンダーをつけ込んだお酒の作り方も。

 

今日の先生は本当に植物について詳しかったです(汗)

そして、まだまだ知らないことがたくさんあるなぁと

実感しています。

休日がないとおやすみができないのか。。。

ゴールデンウィークのんびりと過ごしました。

3日間はまったく仕事のことを考えず

ひたすら遊ぶことで忙しく(^_^;)

 

忙しいけどのんびりできちゃった3日間でした。

 

ということは

っていうより

いつもそう思っていますが

仕事で365日おやすみがなくても

のんびり楽しく過ごすことは

できてしまうということです。

 

要は

自分の心と身体の状態を

しっかり観察して

それに合わせて

のんびりと走り続けること

それは

車であれば

急加速、急ブレーキを繰り返す走り方より

楽ちんってことですよね。

 

仕事

そして帰宅後は

仕事を忘れしっかりのんびり

美味しいものを食べ

楽しく過ごし

疲れたら早めに就寝

そしてまた一生懸命仕事

帰宅後は

また一生懸命のんびりする

 

毎日のそんな暮らし方ができていれば

私の場合

毎日仕事をしていても十分おやすみできます。

 

そうすると

休日は仕事以外の新しいことに

チャレンジする時間が十分とれて

休日もおやすみの時間でなく

活動の時間になります爆  笑

 

そうなると何だか毎日が

お得な感じです。

 

もちろん仕事のペースには

個人差があるので

これは私の場合に限ってのことですけど。。。

 

私の特技は

仕事が終わると

仕事のことをすっかり忘れてしまえること

この特技に陰りがみられると

健康状態に問題が生じます。

 

ですから

帰宅後の気分転換がうまくできないときは

その日の気分に合わせた精油で

お風呂でのんびり

それも体力を消耗し過ぎてダメなときは

ふか〜く緩んだ気分になれる精油を

枕元に1滴

 

そんな感じで、やっぱり

植物の香りに助けられています。

 

人と比べること

今年はゴールデンウィークらしき雰囲気を

味わうことができ

すっかりリフレッシュしております。

 

最近では連休中も電車は結構混んでいるのですね。

 

せっかくおやすみののんびりした空気感を

味わっていると

我先にと電車に乗り込もうとか

人より先に列の先頭に並ぼうとする人は

残念ながらおやすみ中にも見受けられました。

 

「人と比べて…」

例えば

人と比べて自分はコミュニケーションが下手だ。

とか

「人より…」

例えば

人より年収が高い

など

人と比べると俄然張り切る人はたくさんいます。

 

別に私は人と比べない派というわけではなく

幼稚園の運動会で順位をつけない

などという考え方に賛成しているわけではありません。

むしろ子どものときや若いときには

がっつり人と比べて

自分の得意なこと、不得意なこと

自分の個性を見極めるのも大切だと思っています。

人との比較でわかることも多いと思っています。

 

でもある程度の大人になったら

その見極めた個性を大切にして

そろそろ周りばかりを気にして

周りの人に合わせたり

周りの人に嫉妬したり

周りの人に勝とうとしたりという

変なエネルギーの使い方をせずに

自分なりの成長に時間もエネルギーも

使うのが良いのではないかな〜と

思っています。

 

いつまでも

子どもみたいに

人より先に行って

滑り台を独占したり

自分ばかりがブランコに乗る

人のものを欲しがる

人に注目してもらいたがる

のはやめて

それよりも

自分のできることに一生懸命取り組み

人を助けたり人に助けられたり

自然のなかで過ごし

自然に力をもらって

そんな風に

過ごして行きたいなと思っています。

 

人と比べること

今年はゴールデンウィークらしき雰囲気を

味わうことができ

すっかりリフレッシュしております。

 

最近では連休中も電車は結構混んでいるのですね。

 

せっかくおやすみののんびりした空気感を

味わっていると

我先にと電車に乗り込もうとか

人より先に列の先頭に並ぼうとする人は

残念ながらおやすみ中にも見受けられました。

 

「人と比べて…」

例えば

人と比べて自分はコミュニケーションが下手だ。

とか

「人より…」

例えば

人より年収が高い

など

人と比べると俄然張り切る人はたくさんいます。

 

別に私は人と比べない派というわけではなく

幼稚園の運動会で順位をつけない

などという考え方に賛成しているわけではありません。

むしろ子どものときや若いときには

がっつり人と比べて

自分の得意なこと、不得意なこと

自分の個性を見極めるのも大切だと思っています。

人との比較でわかることも多いと思っています。

 

でもある程度の大人になったら

その見極めた個性を大切にして

そろそろ周りばかりを気にして

周りの人に合わせたり

周りの人に嫉妬したり

周りの人に勝とうとしたりという

変なエネルギーの使い方をせずに

自分なりの成長に時間もエネルギーも

使うのが良いのではないかな〜と

思っています。

 

いつまでも

子どもみたいに

人より先に行って

滑り台を独占したり

自分ばかりがブランコに乗る

人のものを欲しがる

人に注目してもらいたがる

のはやめて

それよりも

自分のできることに一生懸命取り組み

人を助けたり人に助けられたり

自然のなかで過ごし

自然に力をもらって

そんな風に

過ごして行きたいなと思っています。

 

GWです!

なんと今年

本日より5日まで4日間連続したおやすみが

頂けました👏

 

お仕事柄

おやすみの日はお仕事っていう生活が

馴れっこになっているので

なんか落ち着きませんが

思い切り楽しみたいと思います。

 

明日からの3日間は

予定をたっぷり入れたので

(ちなみにキャンプ行って、お祭り行って、

お弁当もって公園に行くだけなのですが…😰

私にしては盛りだくさん😺)

 

本当に本当に楽しみ

 

だから

今日は

何にもしない日と決めました。

決めておかないと

ダラダラと仕事しちゃったりするのが

私の悪い癖。

 

仕事できる人って

オンとオフの切り換えがホント上手ですよね。

 

英会話の予習も

仕事に役立ちそうな本を読むことも

一切しないで

ボーッと過ごす予定です!

 

皆様も良い休日を。

選ぶこと

道の途中でどちらに行こうと

迷ったとき

自分に聴いてみる。

 

それはどっちにいったら上手くいきそう?

って未来を予測することではなく

どちらに行ったら

自分が悔いなく頑張れそう?

って自分の覚悟を聴いてみること。

 

どっちの道に行ったら

上手くいくかなんて誰にもわからない。

そんなことを占いや別の誰かに

尋ねるのでなく

失敗してもその道を選んだことに

後悔が起こらないくらい

覚悟をもって望める場所を選ぶ。

 

そして選んだら

そこで自分に出来る全てのことを

がんばる

 

上手くいったらそれはそれで

嬉しいし

上手くいかなかったときは

自分に足りないものに気がついたり

さまざまな学びが得られる。

 

そうやってまた次の道を選ぶ。

 

道を選ぶということは

楽をするということではなく

自分が成長できる、挑戦できる場所を選ぶ

そんなことだと思います。

アロマセラピストとしてのプロ意識

神経細胞も筋細胞もドップリ疲れ

精神的にも優しくなれない状態になったとき

そこから抜け出すには

とにかく休むこと。

 

十分に休んでから栄養を補給する。

疲れているときにいくら栄養を補給しても

それを消化するエネルギー自体が不足しているし

何よりも疲れていると食欲も低下する。

食べても美味しく感じなくなるという方が

正確かもしれません。

だからまず休むことが大切だと思います。

 

そしてうまく休むこともできない、

例えば睡眠をとることができない

そんなときは

人の力を借りて

筋肉を緩める。

 

筋肉を緩めたあとの

夜の睡眠は深い!

というのが実感です。

 

では、人の力を借りたいとき

私自身がアロマテラピートリートメントを

受けにいくのかというと実はそうでもないと

いうのが残念なところです。

 

軽いリフレッシュ、リラックス程度だったら

アロマテラピートリートメントでも

いいと思うのですが

その程度の場合は自分でセルフマッサージだったり

気功だったりでどうにかなるものです。

 

それを超えたときに

人の力、植物の力を借りたいわけですから

少なくとも

植物や香りやこころや筋肉、神経系の知識が

自分以上にある人のところに行きたいと思うわけで

その希望にあてはまるアロマセラピストが

本当に限られているのが実情だからです。

 

そして鍼灸などにお世話になります。

そこでは

自分が思いつかないアプローチとか

筋肉の緩め方などアイデアがもらえます。

そこにはオリジナリティがあります。

(もちろんこれも人によるでしょうが…)

 

そしていつも思うのです。

アロマセラピストのなかで

香りの専門家として

こころやからだの専門家として

プロ意識をもって

知識や経験を深めようと日々努力している人が

どれ程いるのだろうかということを。

資格取得のときに習ったアロマテラピー

それに自分自身の経験を加えて

オリジナルの視点をもち

一人ひとりのからだに合った

アロマテラピートリートメントを提供している人が

どれほどいるのだろうかということを。

 

習ったとおりの薬理作用で精油を選択し

習ったとおりのトリートメント技術を

誰にでも同じように提供しているだけの人が

まさかプロだと名乗っていることがないだろうか

ということを。

 

自分も含めて

厳しいことをいうと

仮にどんな資格を取得したとしても

それはスタートであって

その後、どれ程その知識を深め

実践で学ぶのか

そこにかかっているのだと思うのですが

ひどい人になると

試験が終わったら勉強したことほとんど

忘れてしまいました〜なんて

悪びれず発言したりしているのをみると、

この人たちのプロ意識はどこにあるのだろう。

それなのに

医療チームに入りたいなんていう夢物語を

いう人を見ると本当に悲しくなります。

 

本当にアロマテラピーを

社会に役立つものにしたいのであれば

まずは自分のプロ意識がどれ程のものなのか…

から見直すべきだと思います。

 

私は個人的には

薬理的なアロマテラピーは

セルフケアとして用いるもので

アロマセラピストの行う

アロマテラピートリートメントは

自然とのつながりを感じ、

ゆったりとした時間の流れを取り戻すきっかけを

提供することが目的で

自然の香り(精油)とアロマセラピストは、

クライエントが自らの力で治癒力を高める

サポートをするものだと思っていますが

それでももう少し

アロマセラピスト全体の意識として

解剖生理学や精油の化学などの最低限の知識を

深めることに向いてくれると

社会のなかで果たす役割も増えてくるのではと思います。

 

アロマテラピーを

自然の香りを

本当に素晴らしいと思うので

アロマテラピーという哲学が

いつまでも残ることを願っています。

 

少し一方的に個人的な意見を言い過ぎたかも

しれません。

そして長文失礼致しました。

 

時間

自分の仕事が社会とどう関わり、

どんな風に自分が社会でその役目を果たすかを

考えてみたときに

私の役目は時間の提供、時間の過ごし方の提案

だと思っています。

 

心地よい時間

元気になる時間

明日に向かう気持ちをもたらす時間

ワクワクの時間

自分と向かい合う時間

さまざまなことを考える時間  …

 

それぞれが

自分の時間を安心して過ごせるように

するのが私の役目だと

思っているのです。

 

数週間前

奮発して

リッツカールトン東京52階のレストラン

アジュールフォーティーフォーファイブで

ランチを頂きました。

 

 

綺麗ですよね〜💓

これメインのお肉料理です!

(あまりに美しく、

ついつい写真をとってしまいました。)

 

全てのお料理がメニューで想像したものとは異なり

良い意味で期待を裏切る形で提供されたことに

ワクワクしたり感動したり刺激を受けたりの時間でした。

 

そして自分の仕事もこうありたいと

改めて思いました。

 

食材の魅力を最大限に引き出し

それを提供することで

(たしかに健康は大事だけれど…)

ここでは栄養を考えることよりも

料理を楽しんでもらうことで

その空間にいる人を

幸せな気持ちにしたり

その感性を刺激したり

それが優先されています。

 

精油に依存するのではなく

効果よりも

豊かで美しく、刺激的で楽しく、

感動的で

自らを変えてくれる時間の提供。

その時間の必要性を言い続けたいと思いました。

そうすることで自分の可能性は

今よりももっと広がり

そうすることで健康にも近づくのだということも。

 

普段は家で食事するのが好きですが

こんな刺激をもらえるので

外食もたまにはいいですね。

 

 

 

風がふく春

春は強い風が度々ふきます。

昨日もそうでした。

 

そんなときは私たちの内側でも風がふいています。

 

この季節に風邪をひきやすかったり

乾燥したり、

めまいを感じたり、

こころのバランスを崩してしまう人が

多くみられるのも不思議ではありません。

 

やっぱり自然と私たちはつながっているんだなぁと

思います。

 

自然を変えたり

押さえ込んだりすることは

できないのですから

この時期の私たちはできるだけ

ゆっくりと落ち着いて行動するようにしたり

おやすみを心がけたり

衣類や食べるものに気をつけて

外界の温度変化からからだを保護したり

水分をこまめに摂取したりなどなど

生活に工夫をしていくことが必要なんですね。