ブログ

HOME > ブログ

1年で4キロも太ったこと

この間の健診で体重を測ったら

何と昨年より4キロ増

二度見三度見致しました。(;^_^A

 

何でかな〜と

この1年の体重増加の原因を振り返ってみると

 

①少し忙しくてストレスを溜めていたこと

②昼食をお仕事仲間とご一緒していたこと

 

この2つが思い当たる事がら

 

②は仕方ないとして

①については…

 どんなときにも自分のお腹が本当に空いているかを確認し

 丁寧に必要な分だけ食事を摂る

ってことが疎かになっていたな〜と反省

 

お食事というのは

命をいただくわけだから

肉をいただこうが

魚をいただこうが

野菜をいただこうが

何をいただくにしても

慌ただしく適当に食べてはダメですね。

 

そんな反省をしながら

丁寧に食事することを心がけて

体重が元に戻ったらいいなと

思っています。

 

来年の健診のときに

覚えていたら結果をお伝えします!

 

生きるということ

様々な人のお話を聞かせていただくとき

いつも感じることが

本気って大切だなってことです。

 

どの方のお話も勉強になるのですが

特に私が心を動かされるのが

実体験からくる言葉です。

 

聞いた知識、

調べた知識、

学んだ知識、

 

ただそれだけではなく

それ以上にそれらの知識がその人の腑に落ちて

その人のなかから湧いてきたと感じられる言葉です。

 

そのために大切なのは

肩書きでも

資格でもなく

きちんと自分が生きていることなんだと思います。

 

事務のお仕事であっても

販売のお仕事であっても

家事などのお仕事であっても

たとえ、子どもであっても

今引き蘢りをせざる負えない人であっても

どんな人でも

その人が本気で生きているなかで湧いてきた言葉

そんなお話に触れるとき

私自身、すごく勉強になるし

心動かされるし

自分も頑張ろうって勇気づけられます。

 

見た目の印象だったり

伝わりやすさ

わかりやすさを意識して

自分の言葉が

つまらないものにならないように

 

自分が本気で誰かに伝えたいと思う気持ちが

湧いてくるように

格好を気にせず

人と比べることなく

無理をするのではなく

いま出来ることを

一生懸命生きたいと思うのでした。

 

 

 

 

 

風邪をひく

風邪をひいてしまいました。

 

少し仕事が一段落して気持ちが緩んでいたため

だと思います。

 

お仕事上どうしても風邪の症状を抑えないとならない

ケースを除いて

なるべく風邪薬ってものは飲まない派

(そんな派はどこにもないですが…)

の私ですので

今回も

じっくりじっくり自分の体を観察し

体からの声に耳を済ませてみました。

 

まず1日目

 何となく風邪ひきそう

 ここでしっかりケアすれば良かったのにと

 思いましたがあとの祭

 過信は禁物です。

2日目

 焼け付くようなのどの痛み

 鼻洗い

 エキナセアのチンキ

 精油の吸入

  調子に乗ってユーカリ使い過ぎて

  むせてしまったので

  途中からラベンダーとサンダルウッドに。

  これ位の揮発の感じがいいみたいです。

 そして

 花梨のジャム

 マスクにも精油を垂らしてお仕事に。

 とにかく色々やってみました。

 少し和らいだような気もしますが

 かなり体は風邪に支配されています。

 しかし気合いというものはすごくて

 仕事中はしっかり声も出ました。

 夜はあまりの喉の痛みにほとんど眠れず。

3日目

 2日目のケアを続けるうちに

 喉の痛みが随分和らぐものの

 耳下腺リンパが痛い。

 後頭部まで痛い。

 そして何となくだるい

 さらには喉の腫れからか口が開かない。

 咀嚼筋が咬筋のみならず側頭筋であることを実感

 側頭筋がほんと痛い。

 口を開けると痛いので

 食欲も減退

 さすがにお酒も口にしたいと思えない。

  (ちなみに1日目から飲んでおりません)

 水っぱなはひどく、水分不足なのか

 やたらレモン味の炭酸が消費される。

 そのせいか夜は何度もトイレに行く

 薄い色の尿。体に冷えが溜まっているのか。。。

4日目

 薄皮を剥がすように回復の兆し

 喉の痛みはかなりなくなりました。

 ただ体はだるく

 側頭筋については

 口を開けなくても痛い状態。

 やる気もまだ起こらず

 肩の凝りも絶好調。

 けれども夜は昨晩より目が覚めず

 トイレに2回ほど。

5日目

 側頭筋の痛みがなくなってきました。

 ただし耳下腺リンパは押すとまだ痛い

 少し元気になってきました。

 痛みから解放されるって有り難い。

 食欲も。。。

 そして白ワインを口にしてみました。

 (別に飲まなくてもいいのに)

 夜はすごく眠れました。

 一度だけ咳でおきましたが。。。

6日目

 咳や鼻水の諸症状を残し

 至って元気に

 でもまだ無理をしてはだめだ〜って

 体が言っている感じです。

 今日も早く寝ます。

 

この間、仕事も遊びもしっかりこなしました!

(自慢にならない)

もっと1日でもしっかりおやすみすれば

もう少し早く回復したかも

しかしながらこの2、3日は23時前には寝ました。

睡眠は大事

そしてきちんと眠れることが大事

そんなことを考えました。

 

何れにしても季節の変わり目

皆様もご慈愛下さい。

 

〜どうでもいい風邪のレポートでした〜

自由が人を不安にさせること

お引き受けしていた仕事が間もなく終了する。

とても長い期間その仕事に携わっていました。

覚悟はしていたものの

その間には、自分の思うやりたい仕事は

ほとんどできませんでした。

 

私は自由だー!!!と思ったときに

同時に感じたことは

ちょっとの不安。

 

自分の思う仕事は本当に必要で

やるべきことであるか

から始まって

その仕事は上手くいくか

などなど

考え始めると次々浮かんできます(^▽^;)

 

そう、

何でも自由にやれることって

素晴らしいけど

それは当然全ての責任を自分でとるってことですから

そりゃ不安な気持ちにもなりますね。

 

与えられた仕事で一杯になること

考える暇もなく忙しくしていること

人の指示を待ってする仕事をすること

不自由だけど

不満はあるけど

不安は少ない。

 

人は成長過程で少しずつ

親から離れて大人から離れて

自由になります。

 

成長するって

少しずつ

自分でとるべき責任を理解し

責任をとれる強さを身につけるのかもな〜。

動物だって

狩りの仕方を少しずつ教わって

そして群れから離れて

その後は自分で獲物が捕れなければ

死んでしまうこともあるのだから

我々が大人になることにも

覚悟が必要ですよね。

(話が少し大袈裟な方に行ってます?(*^.^*)

 

私の不安は

ホントに小さなものですが

それでも

その不安を乗り越えて

一歩でるときには

周りのサポートが有り難いものです。

 

それは

応援してくれる

側にいてくれる

味方でいてくれる

そんな感じのサポートです。

 

 

 

臭豆腐

中国および台湾でみられる郷土食のひとつ

「臭豆腐」

台北の夜市などにいくと

どこからともなくこの匂いがしてくる。

 

何でも試したい方ではあるが

やはりこの匂いを嗅いでしまうと

勇気が持てず

滞在中、1回も口にすることはなかった。

 

英会話の先生曰く

揚げているのは案外美味しい。

ということではあったが。。。

 

日本でも納豆やくさやなど

臭い食べ物はあって

好きな人にとっては

癖になる味です。

 

個人的には納豆は好きですが

くさやは

子どもの頃に、自宅のキッチンで

嗅いだその焼いた匂いが

何とも独特で

今でも食べられないままです。

 

話しを戻して

臭豆腐の匂い成分には

ジャスミンなどにも含まれているインドール、

(俗に糞便臭とも言われます)

玉ねぎやネギなどに含まれる匂いの成分など

が含まれているようです。

 

いい香りの食べ物に対して

必ずどこの国にも

発酵食品があって

その匂いは独特なものです。

1番に食べた人って

凄い!

としか言いようがありません。

 

最後に下の写真は臭豆腐とは関係ありません。

 

とても美味しい台湾の

ジーローファンとルーローファンです。

 

台湾の出勤風景

台北市内にはとにかくバイクが多い。

 

朝の出勤時間には

こんな風にバイクが。。

 

 

タイとかベトナムとかアジアの多くの国でも

バイクが多いと聞きますが

台北でもこのバイク軍団が朝から晩まで

登場します。

車の運転は割と好きな方ですが

ちょっとこの状況で運転する自信はありません。

 

この風景をみて

真っ先に感じたのは

とにかくエネルギッシュだな〜ということ。

 

私もこの2〜3年は自分でコントロールできないなかで

仕事をしており

時に愚痴も出そうになりますが

これをみてからは特に

やはり自分の心身の限界を超えない程度に

いつも自分の力を惜しまずに

生きることを辞めてはいけないな〜と思うのでした。

 

新しい場所に行くこと

新しい人に会うこと

新しい仕事を始めること

新しい何かにチャレンジすること…

 

常にそれを諦めない生き方をしたいと思った

経験でした。

蜜香紅茶

この夏は夫と夫の母と台北に行ってきました。

台北って本当に近いですね。

飛行機に乗って、お食事出されて

はぁ〜って言ってたら

もう着陸。

そんな感じ。

特に今回は中部国際空港から発着だったので

羽田より更に近かったこともあるのですが…

 

とても蒸し暑いって聞いていましたが

今年は日本の7月がとっても暑かったので

体は充分暑さに順応しているはず…

でしたが、やっぱり暑かったです。

 

さてそんな台北では

自宅用にとたくさんお茶買ってきました。

 

 

(製茶する機械もみせてもらいました。

 なんと日本製でした!何か嬉しいです。)

 

そのなかの1つが蜜香紅茶。

この紅茶ほのかな甘みが特徴ですが

この甘みはウンカという虫が葉っぱを噛むことで

葉っぱに生成される成分によるものなのだそうです。

通常、ウンカはイネ科の植物につく害虫ですが

こんな風に上手いこといく場合もあるのですね。

 

ちなみに知らなかったのですが

東洋美人やダージリンティーもその類い。

 

世の中まだまだ知らないことがたくさんあります。

ひとつお利口になりました。

 

 

おそうじ

8月にお盆休みをいただいてから

何だかんだとバタバタしてしまって

およそ一ヶ月ぶりにおやすみがとれました。

 

現在、普段のお掃除では行き届かない

細かい場所などの清掃中です。

 

一心不乱にお掃除していてふと思ったのが

おそうじって瞑想に似ているな〜

ってこと。

 

気になっていた場所が綺麗になったり

整頓されていくうちに

自分の心も整理され

リセット…(これも浄化かな〜?)

されていき

またがんばろう!って気分になります。

 

洗濯機がとまりました。

もうひとふんばりお片づけ続けます。

 

 

私の価値

VALUなんてものがあるみたいですが

私の価値は一体どれ位なんだろう…

 

ある人がその人の価値は

才能×縁×努力だと言っていたのですが

私みたいに普通の人間のは才能は

もともと1以下であり

そうすると価値はかけ算しても

普通の縁があり、普通の努力をした場合には

仮に才能が0.8だとしたら

0.8×1×1となり

価値は普通以下

そこがスタートなのかなと思いました。

 

縁というのは

私なりの解釈ではきっと

自分が利用できる人

都合のいい人と出会えるのではなく

自分より圧倒的に才能のある人に

どれだけ出会えるかのような気がしています。

 

そして、人のタイプには

縁により才能のある人に出会った場合、

 

•圧倒的な才能に打ちひしがれることを避け

自分が一緒にいても楽な人を選ぶ人

 

•徹底的に自分の無力と戦い、もがきながら

努力することで自己を成長させ

さらに次の縁に向かっていくことができる人

 

この2種類がいるような気がします。

 

それはその人の

人としての強さみたいなものなのでしょうか…

 

その強さがある人は

縁に出会う度に、自分の足りないところ、

才能のなさに出会い

自分のすべき努力を理解し

それを続けることで

成長をつづけ

それがやがてその人の価値につながるのかもしれない

(あくまでも個人的な解釈ですが)

 

だとすると

同じように、才能0.8だった人が2人いたとしたら

 

ある人はずっと

0.8×0.9×0.9と自分の価値を下げていき

ある人は

0.8×1.1×1.2

なんて計算式が成り立つようになって

普通以下であった自分の価値が

普通になったり

ちょっと普通よりいい位になったりするのかな〜

 

そんな風に考えてしまった朝でした。

 

 

 

 

 

私の価値

VALUなんてものがあるみたいですが

私の価値は一体どれ位なんだろう…

 

ある人がその人の価値は

才能×縁×努力だと言っていたのですが

私みたいに普通の人間のは才能は

もともと1以下であり

そうすると価値はかけ算しても

普通の縁があり、普通の努力をした場合には

仮に才能が0.8だとしたら

0.8×1×1となり

価値は普通以下

そこがスタートなのかなと思いました。

 

縁というのは

私なりの解釈ではきっと

自分が利用できる人

都合のいい人と出会えるのではなく

自分より圧倒的に才能のある人に

どれだけ出会えるかのような気がしています。

 

そして、人のタイプには

縁により才能のある人に出会った場合、

 

•圧倒的な才能に打ちひしがれることを避け

自分が一緒にいても楽な人を選ぶ人

 

•徹底的に自分の無力と戦い、もがきながら

努力することで自己を成長させ

さらに次の縁に向かっていくことができる人

 

この2種類がいるような気がします。

 

それはその人の

人としての強さみたいなものなのでしょうか…

 

その強さがある人は

縁に出会う度に、自分の足りないところ、

才能のなさに出会い

自分のすべき努力を理解し

それを続けることで

成長をつづけ

それがやがてその人の価値につながるのかもしれない

(あくまでも個人的な解釈ですが)

 

だとすると

同じように、才能0.8だった人が2人いたとしたら

 

ある人はずっと

0.8×0.9×0.9と自分の価値を下げていき

ある人は

0.8×1.1×1.2

なんて計算式が成り立つようになって

普通以下であった自分の価値が

普通になったり

ちょっと普通よりいい位になったりするのかな〜

 

そんな風に考えてしまった朝でした。