ブログ

HOME > ブログ

蜜香紅茶

この夏は夫と夫の母と台北に行ってきました。

台北って本当に近いですね。

飛行機に乗って、お食事出されて

はぁ〜って言ってたら

もう着陸。

そんな感じ。

特に今回は中部国際空港から発着だったので

羽田より更に近かったこともあるのですが…

 

とても蒸し暑いって聞いていましたが

今年は日本の7月がとっても暑かったので

体は充分暑さに順応しているはず…

でしたが、やっぱり暑かったです。

 

さてそんな台北では

自宅用にとたくさんお茶買ってきました。

 

 

(製茶する機械もみせてもらいました。

 なんと日本製でした!何か嬉しいです。)

 

そのなかの1つが蜜香紅茶。

この紅茶ほのかな甘みが特徴ですが

この甘みはウンカという虫が葉っぱを噛むことで

葉っぱに生成される成分によるものなのだそうです。

通常、ウンカはイネ科の植物につく害虫ですが

こんな風に上手いこといく場合もあるのですね。

 

ちなみに知らなかったのですが

東洋美人やダージリンティーもその類い。

 

世の中まだまだ知らないことがたくさんあります。

ひとつお利口になりました。

 

 

おそうじ

8月にお盆休みをいただいてから

何だかんだとバタバタしてしまって

およそ一ヶ月ぶりにおやすみがとれました。

 

現在、普段のお掃除では行き届かない

細かい場所などの清掃中です。

 

一心不乱にお掃除していてふと思ったのが

おそうじって瞑想に似ているな〜

ってこと。

 

気になっていた場所が綺麗になったり

整頓されていくうちに

自分の心も整理され

リセット…(これも浄化かな〜?)

されていき

またがんばろう!って気分になります。

 

洗濯機がとまりました。

もうひとふんばりお片づけ続けます。

 

 

私の価値

VALUなんてものがあるみたいですが

私の価値は一体どれ位なんだろう…

 

ある人がその人の価値は

才能×縁×努力だと言っていたのですが

私みたいに普通の人間のは才能は

もともと1以下であり

そうすると価値はかけ算しても

普通の縁があり、普通の努力をした場合には

仮に才能が0.8だとしたら

0.8×1×1となり

価値は普通以下

そこがスタートなのかなと思いました。

 

縁というのは

私なりの解釈ではきっと

自分が利用できる人

都合のいい人と出会えるのではなく

自分より圧倒的に才能のある人に

どれだけ出会えるかのような気がしています。

 

そして、人のタイプには

縁により才能のある人に出会った場合、

 

•圧倒的な才能に打ちひしがれることを避け

自分が一緒にいても楽な人を選ぶ人

 

•徹底的に自分の無力と戦い、もがきながら

努力することで自己を成長させ

さらに次の縁に向かっていくことができる人

 

この2種類がいるような気がします。

 

それはその人の

人としての強さみたいなものなのでしょうか…

 

その強さがある人は

縁に出会う度に、自分の足りないところ、

才能のなさに出会い

自分のすべき努力を理解し

それを続けることで

成長をつづけ

それがやがてその人の価値につながるのかもしれない

(あくまでも個人的な解釈ですが)

 

だとすると

同じように、才能0.8だった人が2人いたとしたら

 

ある人はずっと

0.8×0.9×0.9と自分の価値を下げていき

ある人は

0.8×1.1×1.2

なんて計算式が成り立つようになって

普通以下であった自分の価値が

普通になったり

ちょっと普通よりいい位になったりするのかな〜

 

そんな風に考えてしまった朝でした。

 

 

 

 

 

私の価値

VALUなんてものがあるみたいですが

私の価値は一体どれ位なんだろう…

 

ある人がその人の価値は

才能×縁×努力だと言っていたのですが

私みたいに普通の人間のは才能は

もともと1以下であり

そうすると価値はかけ算しても

普通の縁があり、普通の努力をした場合には

仮に才能が0.8だとしたら

0.8×1×1となり

価値は普通以下

そこがスタートなのかなと思いました。

 

縁というのは

私なりの解釈ではきっと

自分が利用できる人

都合のいい人と出会えるのではなく

自分より圧倒的に才能のある人に

どれだけ出会えるかのような気がしています。

 

そして、人のタイプには

縁により才能のある人に出会った場合、

 

•圧倒的な才能に打ちひしがれることを避け

自分が一緒にいても楽な人を選ぶ人

 

•徹底的に自分の無力と戦い、もがきながら

努力することで自己を成長させ

さらに次の縁に向かっていくことができる人

 

この2種類がいるような気がします。

 

それはその人の

人としての強さみたいなものなのでしょうか…

 

その強さがある人は

縁に出会う度に、自分の足りないところ、

才能のなさに出会い

自分のすべき努力を理解し

それを続けることで

成長をつづけ

それがやがてその人の価値につながるのかもしれない

(あくまでも個人的な解釈ですが)

 

だとすると

同じように、才能0.8だった人が2人いたとしたら

 

ある人はずっと

0.8×0.9×0.9と自分の価値を下げていき

ある人は

0.8×1.1×1.2

なんて計算式が成り立つようになって

普通以下であった自分の価値が

普通になったり

ちょっと普通よりいい位になったりするのかな〜

 

そんな風に考えてしまった朝でした。

 

 

 

 

 

夏の疲れ

大好きな夏

 

つい仕事も遊びも盛りだくさんで

過ごした夏

 

そろそろ疲れが出てくる頃

 

そうは言ってもやることはあると

休んでいる場合ではないと

頑張り過ぎる

 

一度腰を降ろすと動けなくなるから

夜眠るまでは動き続ける

 

そんなことを続けていると

さすがに気力が落ちてくる

本来楽しいはずのことでも

やりたい!っていう気持ちにならない

 

まさに気虚

 

私の場合は

こんなメッセージがあったときには

立ち止まることにしています

 

夏の疲れがでるこの時期

一人ひとりのこころや体からのメッセージに

耳を澄ませて

それぞれの休息のタイミングや方法を

考える季節ですね

 

 

 

携帯が壊れた日

昨日突然

(正直言うと前から少しずつ変だったけど)

壊れました。

 

急いで携帯電話屋さんに。

 

何でこんなに慌てないとならないんだろう。

 

便利だけど

直接会ってコミュニケーションを取る方が

ずっと素敵なのに

何で手放せないのだろう。

 

いつから

自分がこんなにも脆弱になったのかと

呆れます。

 

これからの数年間で

自分の生活はどんな風に変化するのか

楽しみもあるけど

少し不安でもあります。

 

携帯が壊れた日

昨日突然

(正直言うと前から少しずつ変だったけど)

壊れました。

 

急いで携帯電話屋さんに。

 

何でこんなに慌てないとならないんだろう。

 

便利だけど

直接会ってコミュニケーションを取る方が

ずっと素敵なのに

何で手放せないのだろう。

 

いつから

自分がこんなにも脆弱になったのかと

呆れます。

 

これからの数年間で

自分の生活はどんな風に変化するのか

楽しみもあるけど

少し不安でもあります。

 

梨と幸せ

買ってきた梨の味がイマイチでした。

残念。。

まあ果物には当たり外れがあるしね〜

 

でもよく考えてみると

こんなときの反応って

結構様々かも。

 

①仕方ないとあきらめる

②次は美味しい梨を買おう!と前向きに

③美味しい梨はどこで見分けるのかな〜と考える

④私ってモノを見る目がないわと自分を責める

⑤こんな商品を売っているあの八百屋さんダメね

と批判的な気持ちになる

⑥あの八百屋さんでもう果物買うの辞めようと排除する

 

他にもまだまだありそうですね。

 

反応によってイライラしたり

怒りを感じたり

色々ですね。

 

こう考えると

人の感じる幸せは

事象に拠るというより

それを捉える本人に拠るんだな〜

と改めて納得。

 

ちなみにその梨

2個パックだったのでまだ残っています(≧∇≦)

 

梨と幸せ

買ってきた梨の味がイマイチでした。

残念。。

まあ果物には当たり外れがあるしね〜

 

でもよく考えてみると

こんなときの反応って

結構様々かも。

 

①仕方ないとあきらめる

②次は美味しい梨を買おう!と前向きに

③美味しい梨はどこで見分けるのかな〜と考える

④私ってモノを見る目がないわと自分を責める

⑤こんな商品を売っているあの八百屋さんダメね

と批判的な気持ちになる

⑥あの八百屋さんでもう果物買うの辞めようと排除する

 

他にもまだまだありそうですね。

 

反応によってイライラしたり

怒りを感じたり

色々ですね。

 

こう考えると

人の感じる幸せは

事象に拠るというより

それを捉える本人に拠るんだな〜

と改めて納得。

 

ちなみにその梨

2個パックだったのでまだ残っています(≧∇≦)

 

私のなかの精油

私のなかでは

精油は生きているものです。

 

だから

薬だったり

薬の成分みたいに

その効果のエビデンスばかりを

追求されると

何だか寂しくなる。。

 

自分の友達が

役に立つか立たないかで判断されているような

気がしてしまいます。

 

友達は

やさしくもあり

穏やかであり

強くもあり

面白くもあり

 

やさしいということについて

証拠を出して!

って言われても

 

ただ私がやさしいと思い

自由にそう思っていていいのだと思う。

 

だから精油も

今日はこの精油がこんなサポートしてくれたなって

自由にそう思ってよくて

そこにエビデンスがそれ程必要なのか…

 

最近そんなことをよく思います。

 

もちろん

自然療法だってある程度

科学的根拠は必要だとは思うのですが

行き過ぎは

アロマテラピーが無機質なものに

なってしまいそうな気がしてしまいます。