ブログ

HOME > ブログ

アロマセラピストとしてのプロ意識

神経細胞も筋細胞もドップリ疲れ

精神的にも優しくなれない状態になったとき

そこから抜け出すには

とにかく休むこと。

 

十分に休んでから栄養を補給する。

疲れているときにいくら栄養を補給しても

それを消化するエネルギー自体が不足しているし

何よりも疲れていると食欲も低下する。

食べても美味しく感じなくなるという方が

正確かもしれません。

だからまず休むことが大切だと思います。

 

そしてうまく休むこともできない、

例えば睡眠をとることができない

そんなときは

人の力を借りて

筋肉を緩める。

 

筋肉を緩めたあとの

夜の睡眠は深い!

というのが実感です。

 

では、人の力を借りたいとき

私自身がアロマテラピートリートメントを

受けにいくのかというと実はそうでもないと

いうのが残念なところです。

 

軽いリフレッシュ、リラックス程度だったら

アロマテラピートリートメントでも

いいと思うのですが

その程度の場合は自分でセルフマッサージだったり

気功だったりでどうにかなるものです。

 

それを超えたときに

人の力、植物の力を借りたいわけですから

少なくとも

植物や香りやこころや筋肉、神経系の知識が

自分以上にある人のところに行きたいと思うわけで

その希望にあてはまるアロマセラピストが

本当に限られているのが実情だからです。

 

そして鍼灸などにお世話になります。

そこでは

自分が思いつかないアプローチとか

筋肉の緩め方などアイデアがもらえます。

そこにはオリジナリティがあります。

(もちろんこれも人によるでしょうが…)

 

そしていつも思うのです。

アロマセラピストのなかで

香りの専門家として

こころやからだの専門家として

プロ意識をもって

知識や経験を深めようと日々努力している人が

どれ程いるのだろうかということを。

資格取得のときに習ったアロマテラピー

それに自分自身の経験を加えて

オリジナルの視点をもち

一人ひとりのからだに合った

アロマテラピートリートメントを提供している人が

どれほどいるのだろうかということを。

 

習ったとおりの薬理作用で精油を選択し

習ったとおりのトリートメント技術を

誰にでも同じように提供しているだけの人が

まさかプロだと名乗っていることがないだろうか

ということを。

 

自分も含めて

厳しいことをいうと

仮にどんな資格を取得したとしても

それはスタートであって

その後、どれ程その知識を深め

実践で学ぶのか

そこにかかっているのだと思うのですが

ひどい人になると

試験が終わったら勉強したことほとんど

忘れてしまいました〜なんて

悪びれず発言したりしているのをみると、

この人たちのプロ意識はどこにあるのだろう。

それなのに

医療チームに入りたいなんていう夢物語を

いう人を見ると本当に悲しくなります。

 

本当にアロマテラピーを

社会に役立つものにしたいのであれば

まずは自分のプロ意識がどれ程のものなのか…

から見直すべきだと思います。

 

私は個人的には

薬理的なアロマテラピーは

セルフケアとして用いるもので

アロマセラピストの行う

アロマテラピートリートメントは

自然とのつながりを感じ、

ゆったりとした時間の流れを取り戻すきっかけを

提供することが目的で

自然の香り(精油)とアロマセラピストは、

クライエントが自らの力で治癒力を高める

サポートをするものだと思っていますが

それでももう少し

アロマセラピスト全体の意識として

解剖生理学や精油の化学などの最低限の知識を

深めることに向いてくれると

社会のなかで果たす役割も増えてくるのではと思います。

 

アロマテラピーを

自然の香りを

本当に素晴らしいと思うので

アロマテラピーという哲学が

いつまでも残ることを願っています。

 

少し一方的に個人的な意見を言い過ぎたかも

しれません。

そして長文失礼致しました。

 

時間

自分の仕事が社会とどう関わり、

どんな風に自分が社会でその役目を果たすかを

考えてみたときに

私の役目は時間の提供、時間の過ごし方の提案

だと思っています。

 

心地よい時間

元気になる時間

明日に向かう気持ちをもたらす時間

ワクワクの時間

自分と向かい合う時間

さまざまなことを考える時間  …

 

それぞれが

自分の時間を安心して過ごせるように

するのが私の役目だと

思っているのです。

 

数週間前

奮発して

リッツカールトン東京52階のレストラン

アジュールフォーティーフォーファイブで

ランチを頂きました。

 

 

綺麗ですよね〜💓

これメインのお肉料理です!

(あまりに美しく、

ついつい写真をとってしまいました。)

 

全てのお料理がメニューで想像したものとは異なり

良い意味で期待を裏切る形で提供されたことに

ワクワクしたり感動したり刺激を受けたりの時間でした。

 

そして自分の仕事もこうありたいと

改めて思いました。

 

食材の魅力を最大限に引き出し

それを提供することで

(たしかに健康は大事だけれど…)

ここでは栄養を考えることよりも

料理を楽しんでもらうことで

その空間にいる人を

幸せな気持ちにしたり

その感性を刺激したり

それが優先されています。

 

精油に依存するのではなく

効果よりも

豊かで美しく、刺激的で楽しく、

感動的で

自らを変えてくれる時間の提供。

その時間の必要性を言い続けたいと思いました。

そうすることで自分の可能性は

今よりももっと広がり

そうすることで健康にも近づくのだということも。

 

普段は家で食事するのが好きですが

こんな刺激をもらえるので

外食もたまにはいいですね。

 

 

 

風がふく春

春は強い風が度々ふきます。

昨日もそうでした。

 

そんなときは私たちの内側でも風がふいています。

 

この季節に風邪をひきやすかったり

乾燥したり、

めまいを感じたり、

こころのバランスを崩してしまう人が

多くみられるのも不思議ではありません。

 

やっぱり自然と私たちはつながっているんだなぁと

思います。

 

自然を変えたり

押さえ込んだりすることは

できないのですから

この時期の私たちはできるだけ

ゆっくりと落ち着いて行動するようにしたり

おやすみを心がけたり

衣類や食べるものに気をつけて

外界の温度変化からからだを保護したり

水分をこまめに摂取したりなどなど

生活に工夫をしていくことが必要なんですね。

 

 

 

笑う門には福来る

笑っている人をみると幸せになる。

 

それは私が人に幸せを願う優しい人だと

言いたいのではなく、

笑っている人の強さや生きるエネルギーに

感銘をうけるからです。

 

どんなに苦しくても

やれることに限界があっても

色々なことが上手くいかなくても

それを嘆いたり

誰かに怒りを覚えたり

誰かを羨むのではなく

それを傍らにおき

笑える強さがある人は美しい。

 

それが子どもであっても

お年寄りであっても

スゴイと言われる人であっても

普通の人であっても

屈託なく笑える力のある人が

好きです。

 

見せかけの

外に見せるための笑顔でなくて

こころから笑える人

 

そういう人で私もありたい。

 

そんな人には

神様であっても

笑う門には福をくれちゃうし

体の免疫力だって上げちゃいますよね。

 

 

 

大切にしたいこと

今日は夕方から

友人の結婚お祝いのパーティを。

 

たくさんの人に喜ばれることも

大切ですが

私にとってもっと大切なのは

今まで私とかかわってくれた

大切な友人が

毎日を幸せな気持ちで過ごしてくれることです。

 

今日の一日が私の大切な人にとって

良き日になることを

願っております。

 

ところで、

自称、花粉症ではない私ですが

昨日から

鼻水が。。

そして顔が何となく痒い。

 

これも最近の私の日々の不摂生の結果でしょうか。。。

(思い当たること多々あり)

 

しばらくは規則正しい生活を

心がけます。

毎日の暮らしのなかでの香り

昨晩はライブハウスでのんびり。

 

好きな音楽を聴きながら飲むお酒は

心を解放してくれるし

元気をくれます。

 

香りにもそんな存在でいて欲しい。

 

今、外は

鮮やかな色とともに

たくさんの香りが溢れています。

 

そんな自然の恵みに感謝して

私も誰かの元気に役立つように

無理なく

囚われがなく自由で

自分自身のワクワクを大切に

仕事をしていきたいです。

 

お日様の香り

青菜のおひたしを口にしたときの香り

風にそよぐ木々の間でほのかに感じられる香り

お花の香り

日差しに照らされた土の香り

そして大切な人の香り

 

こんなものに囲まれて

尚かつそれを感じられる穏やかな日々のなかで

暮らせる私たちは

本当に幸せです。

 

毎日のニュースを聞くと

不安なこともたくさんあるけれど

TVを消して

情報を遮断して

外に出掛ければ

心から今日の幸せを感じられますね。

一歩踏み出す勇気

間もなく4月

新しい生活に踏み出す季節

 

大人になってしまうと

自身が卒業、入学、就職などと

関わることはほとんどなくなりますが

私は子どもの頃から

そういったイベントとは別に

4月に大きな変化がどーーっと押し寄せる

そんな風に感じることが多いです。

 

大きな変化に戸惑い

そこから逃げたくなったりもしますが

大概はそこに抗わず

もがき続けることが

あとあと考えると自分にとって

かけがえのない時間になっていたりします。

 

そして、もがき続けるときに

自分を助けてくれるものは

普段からの地道な努力だったり

大切にしてきた人間関係だったりします。

 

今もまた

そんな季節

 

今回のもがきが

私にどんな道、どんな風景をみせてくれるのか

不安一杯でもありますが

楽しみでもあります。

 

変化することでしか

成長はできませんが

変化は痛みや苦しみも伴います。

変わることって

他のものを手放すことでもあります。

 

よし。

がんばろう。。。

 

 

春の香り

4月はじめに納品する香り

お花のテーマがローズだと伺ったので

そのイメージで香りを考えています。

 

しかしまだ

自分の心身が5月に追いつかない。

まだもう少し寒かったり温かかったという

緩急を表現した香りをつくりたい

そんな気持ちを引きずっているみたいです。

 

春のこの時期の

周りの移り変わりって

つくづくダイナミックなんですね。

 

5月になると

すっかりカラッと

明るい香りがつくれるのに。。。

 

おまけに今日は真冬に逆戻りしたような

気候

 

必死でその感じを想像しながら

ブレンド考えていますコアラ

 

 

住み分けすること

仕事において

大切なのは

何を目的にそれを実践しているかを

常に頭において

それにむかって行動すること

 

そんな風に思っています。

 

一方

アロマテラピーは目的を持たずに

その時の気分で楽しんでいるうちに

色々いいことがあったな〜

 

そんなことを心がけています。

 

仕事と同じく疾病の治療は

目的を整理して

何から実践していくか

どの薬を飲むのか

どの治療法を選ぶのか

などすすめていく必要があると思うのですが

私のアロマテラピーは

自然とどのように関わるかというところに

中心をおきたいと思っているのです。

 

自然や人と共存するにあたり

この人とお付き合いすると

こんな目的が果たせるかも…

そんな風に考えるより

この人といると楽しい

この人といると心が豊かになる

この人といるとホッとできる

そんな人が周りにいる生活そのものが

自分の心と体を

健康な状態に導いてくれる

そんなアロマテラピーを

ご紹介していきたいと思ってます。

 

私にとって

精油の薬理作用にこだわり過ぎることは

人の肩書きばかりに目をむけて

お付き合いすることと

ちょっと似ているような。。。

 

自分の暮らし方は自分の責任のなかで

目的から行動する場合と

目的をなるべく作らずに行動する場合

うまく住み分けしていけるといいなと

思っています。

 

まず、目的を作らずに

自分の感覚で気持ちよく過ごすためには

特に自分の感覚を

普段から鍛えておく必要がありますね。

 

情報に振り回されて

この健康法がいいらしいとか

こんなことすると運が良くなるとか

考えるのではなく

自分の感覚を信じること

その力があればこその

必要に応じての住み分けも可能なんだと思います。

 

 

 

フリージアの季節

春になると

お花屋さんで

その香りに

立ち止まらずにはいられない

「フリージア」

(これってまさに誘引されているわけで)

 

 

見た目も可愛らしいのですが

優しくて爽やかでほのかな甘みをもつその香りで

いっぺんに幸せな気分になります。

仕事帰りの疲れも一気に吹き飛ぶ感じです。

 

やはりこれが

私の最高のアロマテラピーだな〜と思います。

 

精油の香りもいいですが

やはり小瓶からではなく

お花そのものから香ってくる香りの

素晴らしさと言ったら。。。

(フリージアの精油もないみたいですし…)

 

こうやって自然の香りで

良い香りだな〜って感じることで

体がリラックスしたり

元気になることこそ

私にとって何よりのアロマテラピーです。

 

もちろん植物の薬効に助けてもらうことを

否定しているわけではないけれど

香りを楽しむことで

私たちは本来の生き物としての輝きを

取り戻したり、高めることができるなぁって。。。

 

自然の香りやその恵みに

感謝し助けられることが

アロマテラピーだとすると

私の場合

薬理作用は

そこについてくるオマケみたいなもの

かもしれません。

 

そしてさらにその香りが

お花屋さんのお花ではなくて

自然に咲いているお花だったら

もっと最高!

 

今の季節

外では

お花だけでなく

新しくみずみずしい緑の葉っぱの

香りや太陽であたためられた土の匂いなどなど

たくさんの素敵な香りが楽しめますチューリップ

 

自然に感謝〜ハムスター