ブログ

HOME > ブログ

ラベンダーをベースに

レターパックライトで

発注されていた香りの納品が完了しました。

明日までは雪も大丈夫そうだし

無事に着きますように。。

 

 

今回の香りは

春もまもなくやってくるというイメージで

ラベンダーをベースに

柑橘系の香りでトップを彩りました。

ラベンダーのお花は初夏でしょ!

というツッコミもあるかもしれませんが

個人的には

季節が移ろう過程で

寒かったり暖かかったりするような時期に

ラベンダーを使うと

うまく心身の適応が図れるような気がしています。

 

香り、気に入ってもらえると嬉しいです。

 

犬から学ぶこと

外は北風で寒いですが

りきさんは陽のあたるいすの上で

気持ち良さそうです。

 

 

りきさんが来てくれてから

毎日が楽しいのはもちろん

たくさんのことを学ばせてもらっています。

 

好きな人、好きなことは「好き」

苦手な人、苦手なことは「やらない」

 

いつも一生懸命

でも無理はしない

 

縄張りは大切

だから戦うときはルールの中で戦う。

(思っているより平和な戦い)

それ以外のことや人には干渉しない。

自分の正義を

誰かに押し付けない

自分は自分…

人と比べたり

自分の尺度で

「普通はこうするよね、

こんなことするなんて信じられない」

なんて思わない。

 

犬ってシンプルで強くて

温かくて優しくてすごいな〜

 

そういう人に私もなりたい。。

 

犬以外の他の生き物もきっとそうで

人間だけがどこかに置いてきてしまったのかも

しれないですね。。。

 

 

成田山新勝寺ではなさんのお祓い

お正月気分もそろそろ終わり。

 

我が家では家のはなさん、

はなさんとは我が家の車なのですが

はなさんのお祓いに出掛けました。

 

はなさんのお祓いは毎年成田山新勝寺の

車の祈祷所にお願いしています。

 

りきさんは祈祷所には入れないので

はなさんたちが並ぶ外で熱心に??

吠えることなくお経を聞いていました。

 

その後本堂にお参り。

まだ大勢の参拝者です。

従ってりきさんは傍からそっと。。。

 

 

 

帰りにはもちろん成田山の名物うなぎをお土産に。

この日も90分から120分待ち

整理券も800番台まで出ていましたが

持ち帰りは予約ができるので

待たずに購入できます。

 

 

帰宅後うなぎの匂い付きの白飯を

ウハウハしながらいただいた

ご機嫌なりきさんでした。

 

ちなみに香りに関わるお話でも

神社とお寺の違いについて

お話していますので

よろしければご一読ください。

  ↓

https://hoailona.com/pickup/2880.html

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

既に七草粥もいただいた後ですが。。。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

仕事はスタートしてみたものの

ブログまで手が回らず

いえ、正しくは気力が湧いてこなくて

ご挨拶遅くなりました。

どこか悪いとかではなく

単に人間は怠けることが好きな動物なんだなぁの

確認です。

 

令和2年のお正月

とにかくお天気に恵まれました。

帰省帰りの東名でもこんなに綺麗に。

 

 

行き、つまり令和元年の富士山と同じものなのに

何故だか違うものに見えたりして

我々の得ている情報は自分の気持ち次第で

実は変わってしまうものなんですよね。

 

ということで今年もなるべくご機嫌で過ごせる努力に

励みたいと思います。

 

 

 

ヨルダンのお話

昨日、出会った方から

ヨルダンのお話を伺いました。

仕事でこの国に関わっているそうです。

 

そのお話はとっても興味深くて

色々なことを考えさせられたので

帰宅してすぐに

ヨルダンのこと調べました。

我が家は犬の散歩があるので

朝は日の出とともに起床ですから

通常は夜更かしはしないのですが

昨晩は興味が勝りました。

 

でも色々調べて思ったけど

人から聞いた話が100倍面白いです。

 

そこには、その人の主観、価値観が盛りだくさんで

その人のフィルターを通した話は

ネットから得る情報より遥かに心に入ってきます。

 

もちろんそれを鵜呑みにするのではなく

ここからヨルダンにアンテナ張って

他の情報も入手して

私の知るヨルダンにまとめ上げるわけですが

直接人と会う、話すは

時に面倒だと感じること、感じる人もいるとは

思いますが

やっぱり良いものです。

 

ちなみにヨルダンは

イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する国です。

危険な場所なのかな?と思って伺ったら

比較的治安が良いそうです。

 

 

視覚と嗅覚どっちが大切?

インスタを始めとして

私たちの周りには視覚情報がいっぱいです。

 

それに対して嗅覚情報はほんの僅か

 

正確にいうと周りには視覚情報も嗅覚情報も

同じようにあるのだと思うのですが

それを受け取る我々が視覚情報を優先して

受け取る傾向があるためだと思います。

 

視覚情報でいえば…

人と同じような服を着て髪型をして

雑誌のような部屋に住みたい

など色々思いつきますが

嗅覚情報で

あの場所の香りを再現したい

部屋の香りを季節に応じてチェンジしよう

私と友達の香りのセンスは自分の方がいい

なんて思う人がどれほどいるのでしょうか。

 

使わない機能はどんどん退化します。

もうすでに我々は友人の電話番号を記憶するという

能力はほぼほぼ失っています。

 

使わないでいると

どんどん嗅覚の感覚が鈍くなってしまう

のではないでしょうか

 

一方、嗅覚は我々の生きることや本能に直結している感覚です。

 

遺伝子レベルで言えば

男性と女性の相性は嗅覚に頼った方が確かであるという

考え方もあります。

 

植物には嗅覚はないけれど

植物は香りで他の生物とコミュニケーションを

当たり前にとっています。

時にはそれで細菌など生命体と戦ったりもします。

今地球環境が大きく変化していると言われています。

新しい環境に適応して

しっかりと生きていくために

もう少し私たち人間は嗅覚の感覚を鍛えておいた方が

いいのではないかと思っています。

 

ですので

一日少しでも香りを意識してもらえるように

意識する人が増えますように

そんなことを考えながら

私は香りのお仕事に携わっています。

 

それを通じて人間らしい強さやしなやかさが

ましていくことこそ

これから変化する地球で

私たちが生きていく方法のような気がしています。

 

少し前までは香りのお仕事に関わるプロフェッショナルの

育成をすることで

それが叶うと考えていましたが

最近はプロになることを目指す人を増やすよりも

ひとりでも多くの人が

暮らしの中で香りを感じることができるような

仕組みを作っていくことが

私の仕事における大義のような気がしています。

 

少し大袈裟に語りすぎましたので

涼しげにけれどもたくましく生きる、

そんなお手本になる植物の写真でクールダウン

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

胃カメラゴックン

 

クリスマスだというのに

再検査で胃カメラを。

 

どんな日だって

病院は混雑していて

日本って本当に暮らしにくい国なんじゃないだろうか??

って考えてしまいました。

 

今回は鎮静剤を筋肉に注射して

意識は遠くにあるけれど

全く違和感がないという検査法を

試してみました。

 

びっくりするくらい楽チン

前に一度だけ胃カメラを経験したことはあったけど

比べ物にならないくらい。。。

 

横になったところから

終了しましたよ!って声がかかるまで

意識はあるけど記憶がない状態

幽体離脱とか死んでいくときとか

こんな感じなのかな〜なんて

考えながら

30分ほどの休憩をとって見事終了

結果は年明けなので

まだ不安は残るけれども

不思議な体験でした。

 

次回もこの方法をとるのかは

迷います。

楽チンなんだけど

体内に薬剤を入れることは

体の負担には間違いなくなるわけだし。。。

今回はどんな感じなのかの興味があって

迷わず選んでみましたが。。。

 

2時間ほど経過し

現在は特に異常なし。

犬の散歩も行けそうです。

 

冬至も過ぎてまた昼の時間が少しずつ増えていきます。

でもまだまだ寒さは厳しそうです。

 

 

この時期の養生は

とにかく休養、温め、滋養です。

 

慌ただしく過ごしている人がほとんどだと思いますが

こんな時ほど

お風呂にゆっくり入ったり

たった5分間でもいいので

呼吸法や瞑想法に取り組むことをお勧めします。

 

立禅で行えば

電車の中、通勤時間なども利用することが

できますね。

 

最近よい品質のものがなかなか手に入らない

サンダルウッドですが

すごくいいですよねぇ。。

 

 

冬の色

今日はChristmas Eve。

 

クリスマスといえば

グリーンやポインセチアの鮮やかなレッド

寒い北欧ではこの季節こんな色が好まれのでしょうね。

 

日本ではこの季節

黄色が目立ちます。

ミカンや柚子に代表される黄色

少しオレンジっぽい感じもしますね。

 

 

そしてこれは仏手柑と呼ばれる柑橘類

 

 

食用にはならないシトロンの変種のようですが

香りがとにかく良いのです。

柚子のように柑橘系の香りではなく

ちょっと沈丁花など思わせるような淑やかなお花の香り

春がもうすぐであることを知らせてくれるようです。

 

名前の由来は千手観音の手のように見えるから。

縁起物としてこの時期飾られるようです。

和歌山県でも年々収穫が減っているようですので

変にブームになるのは困るのですが

珍しいので見た目のおすそ分け

 

こんな風に黄色も元気で暖かい雰囲気ですが

赤や緑とはすこーし感覚的にメッセージが異なるような

気がするのは私だけでしょうか。

 

住んでいる場所や個人の体質などで

その時に必要な香りが異なるように

必要とされる色も異なるのかもしれません。

 

 

 

 

頼ることはいいけどね

誰にも頼らず全部頑張るなんて

不可能だから

自分でできないことはサッサと諦めて

誰かにお願いする方がいいと思いますが

いつでも頼るばかり

依存するばかりだと

結局自分が消耗してしまうみたいです。

 

出来ないことがある代わりに

出来ることでどんどん人を助けている人の周りには

同じように素敵な人が集まるので

結果として良い流れが来るようですが

自分の運を全て別のものに委ねてしまうと

何も残らないみたいです。

 

パワースポットに行けば運が上がるわけでも

精油や植物に囲まれていたら運が上がるわけでもなく

エネルギーワークしたら運が上がるわけでもなく

神頼みで運が上がるわけでもなく

運のいい人や偉い人にすり寄っても運が上がるわけでもなく

ワークショップ行きまくったりしても運が上がるわけでもなく

仕事が上手くいく!

なんて本を読み漁っても運が上がるわけでもなく

 

結局は毎日を手抜きせずに丁寧に

一生懸命暮らすことが大切なんだと

しみじみ思う今日この頃

毎日お掃除して

毎日美味しいご飯を作り、そして食べて

毎日新しい何かを学び

毎日誰かや何かの役に立ち

自分を温かく受け入れていれて

一生懸命、そして楽しく暮らして

……

それが幸せなんだな。

 

単なるつぶやきですが…